天童市の歯医者・歯科

〒994-0012 山形県天童市九野本 4-14-30

診療時間
09:00~18:00 ×
休診日
日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

023-654-8211

当院の入れ歯治療

経験33年の院長が作るこだわりの入れ歯

よく噛める、痛みの少ない、外れにくい入れ歯を作るには、「精密な型取り」や「噛み合わせの分析」が不可欠です。こうした技術の習得には、豊富な経験が必要となります。実は入れ歯治療は専門性の高い分野であり、歯科医師なら誰でも同じように治療できるわけではないのです。

当院の院長は、山形で開院以来、33年(※)にわたって数多くの入れ歯治療を手がけてきました。またそれ以前には、東京で講演会や勉強会に積極的に参加しておりました。入れ歯に関する知識や技術を身につけた、入れ歯治療を得意とする歯科医師です。

そんな院長が治療の際に特にこだわっているのは、「お口の型取り」。必要があれば、患者さま一人ひとりに「個人トレー」と呼ばれる専用の道具をオーダーメイドで作成して型取りをします。一般的な歯科医院では、個人トレーは自費治療の患者さまに対して使うものですが、当院では保険治療の患者さまに使用するケースもあります。個人トレーを作成した方が、精密な型取りが行えるからです。

入れ歯が痛い、噛めない、外れるといったお悩みを改善できるよう、33年以上(※)の経験を持つ歯科医師がこだわりの治療を行います。どうぞおまかせください。

※2020年現在

患者さまのニーズに合わせた入れ歯をご提案

私たちは、保険治療でもしっかり噛める入れ歯をお作りしています。しかし、保険治療では入れ歯の製作に使える素材に制約があり、自費治療の入れ歯とは機能性に差が出てしまうのも事実です。

保険の入れ歯では、歯ぐきと接する部分(床)に使える素材はプラスチックのみです。強度を出すためには、どうしても厚みを確保する必要があります。しかし、歯ぐきを接する部分に厚みがあると、お食事の際に味や温度を感じにくくなり、食事が美味しくないとおっしゃる患者さまも多くいらっしゃいます。またお口に入れたときの違和感も大きく、入れ歯を入れること自体が苦痛になってしまう可能性もあるのです。

そこで当院では、より快適な入れ歯をお求めの方のために、自費治療の特別な入れ歯もお作りしています。

自費治療の入れ歯なら、保険治療と違って豊富な素材のなかから適切な素材を厳選できます。歯ぐきと接する部分(床)に金属やシリコン素材を採用すれば、プラスチックの入れ歯よりも薄く作ることが可能。食べ物の味や温度を感じやすくなり、装着時の違和感も少なくなります。

また、自費治療なら治療方法にも制限がないため、患者さまに合わせて工程を増やし、より丁寧に治療することもできます。特別な材料を使った精密な型取りや、噛み合わせの綿密な分析を行うことで、お食事やおしゃべりをする上で不自由の少ない、外れにくい入れ歯をお作りできるのです。

具体的には、以下のような自費の入れ歯治療をご提供しています。

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯のみ)

金属の留め金「クラスプ」を使用しない、見た目が自然な入れ歯。残っている歯に留め金を引っ掛ける必要がないため、患者さまの生まれ持った歯への負担を少なくできます。保険の入れ歯に比べてガタつかず安定しやすいので、よりよく噛めるのもメリットです。

1~3歯(片顎) 98,000円(税別)
1~3歯(両側) 132,000円(税別)
4~7歯(片側・両側) 148,500円(税別)
8~14歯(片側・両側) 157,800円(税別)
ノンクラスプデンチャー(レ―ニング樹脂)の場合の費用
1~4歯 125,000円(税別)
5~8歯 145,000円(税別)
9~11歯 155,000円(税別)
12~14歯 165,000円(税別)

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯に負担がかかります。耐久性がやや劣るため、数年後に再作成が必要になる可能性があります。

金属床義歯(チタン床義歯)

歯ぐきと接する部分(床)に金属を使用している入れ歯。薄く作れるため口の中での違和感が少なくなります。耐久性があり、長持ちするのも特徴です。

以下、チタン床義歯のメリットです。

  • 薄くて軽い
  • 金属アレルギーのリスクが少ない ・食べ物の熱を感じやすい
料金 総入れ歯 280,000円(税別)
料金 部分入れ歯 180,000円(税別)

治療のリスクや副作用:破損した場合、修理に時間がかかる可能性があります。金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります。

金属床義歯(コバルトクロム床義歯)

歯ぐきと接する部分(床)に金属を使用している入れ歯。薄く作れるため口の中での違和感が少なくなります。耐久性があり、長持ちするのも特徴です。

以下、コバルトクロム床義歯のメリットです。

  • 食べ物の熱を感じやすい
  • 強度が高い
料金  総入れ歯 180,000円(税別)
料金  部分入れ歯 120,000円(税別)

治療のリスクや副作用:破損した場合、修理に時間がかかる可能性があります。金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります。

コンフォート義歯

歯ぐきと接する部分全体が、特殊な柔らかいシリコンのクッションで覆われている入れ歯。シリコンが歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげるため、硬いものを食べても痛みが少なく、しっかり噛めます。

 

料金   下あごのみ 40万円(税別)

治療のリスクや副作用:定期的に調整する必要があります 。汚れが付きやすいため、1~2年を目安にシリコーン部分を交換する必要があります。最初は入れ歯の厚みに違和感を感じる可能性があります(強度を確保するために必要な厚みです。次第に慣れますのでご安心ください)。まれにシリコーン部分が剥がれる場合があります。あごの骨が痩せると合わなくなり、調整(修理)が必要になる可能性があります 。修理に時間がかかります。

入れ歯の製作が得意な歯科技工所と提携

入れ歯や歯の詰め物、被せ物を作るのは、歯科技工所にいる歯科技工士という専門家です。

歯科技工士や歯科技工所には入れ歯、詰め物・被せ物など、それぞれ得意分野があり、歯科技工士の技術力によって、入れ歯の出来は大きく左右されます。そのため、しっかり噛める、外れにくい入れ歯を作るためには、入れ歯の製作を得意とする歯科技工所に依頼した方がいいのです。

当院では、入れ歯の製作が得意で実績も豊富な歯科技工所に依頼し、患者さまにご満足いただける品質の入れ歯製作を目指しています。さらに、製作する入れ歯の種類によって歯科技工所を変更。山形だけでなく、東京や足利(栃木)、仙台など全国の歯科技工所と連携し、より良い入れ歯づくりを追求しています。

歯科技工士は、歯科医師と並ぶもう一人の入れ歯の専門家です。当院は一流の腕を持つ技工所と提携し、噛みやすい入れ歯のご提供に努めています。

入れ歯治療の流れ

現在使用中の入れ歯の調整

使用中の入れ歯がある場合は、調整します。

お口の中の検査

お口の中を検査します。

説明

お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療

あごの形や頬の動きを確認し、入れ歯をつくるための「型取り」を行います。

歯科技工所での入れ歯作製

型取りしたデータをもとに、歯科技工所で入れ歯をつくります。

入れ歯の完成

完成した入れ歯をお渡しし、使い方やお手入れの方法をご案内します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

023-654-8211

診療時間

×

09:00~18:00
※昼休みなし
休診日:日曜・祝日

023-654-8211

〒994-0012
山形県天童市九野本 4-14-30

JR奥羽本線「天童駅」東出口より徒歩18分
山形新幹線「天童駅」東出口より車で3分
バス「老野森3」停留所より徒歩5分
バス「天童郵便局北」停留所より徒歩3分
東北自動車道天童ICから約10分