訪問診療による誤嚥性肺炎予防

訪問診療医院まで通えない方は寝たきりやそれに近い状態であることが多く、健康な人と比べて口腔ケアが満足に行えていない傾向にあります。寝たきりの方の場合は「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」といって、お口の中に棲みついた細菌が誤って唾液や胃液と共に肺に流れ込むことで生じる肺炎に罹るリスクが高まり、深刻な状態に陥ることもしばしばあります。

口腔内環境が悪化しやすい寝たきりの高齢者の方にとって非常に身近な疾患であり、定期的な口腔ケアを行うだけで誤嚥性肺炎の発症率が半減すると言われています。訪問診療を積極的に活用いただくことで口腔内環境が改善し、誤嚥性肺炎のリスクを減らすことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください