「歯医者嫌い」にしないために

小児歯科小児歯科で大切なのは、歯医者さんを苦手にさせないことです。子どもの頃の印象は長く記憶に残るものですから、イヤな印象ではなく、最後には「きちんと通えた」「治すことができた」という良いイメージを持ってもらえるよう心がけて治療を行っています。

治療の進め方やスピードは、お子さまの慣れやペースに合わせます。急ぐ必要のない治療については「今日が無理なら、この先はまた後日」とし、決して無理強いすることはありません。

また、見慣れない器具や大きな音など、お子さまにとって歯医者さんは未知の世界です。極力機器を使わず、まずはブラッシング指導など痛みのない治療から入るようにします。慣れるまでは、できるだけ女性スタッフが対応するようにしています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください