歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患●糖尿病
インスリンというホルモンの分泌異常に伴い、血糖値が高くなってしまうために全身に悪影響を及ぼします。放っておくと、動脈硬化や神経障害といったさまざまな合併症を引き起こす病気です。糖尿病になると、歯周病にかかる割合がそうでない人よりも高くなります。

●肥満
肥満の人は糖尿病や高血圧といった生活習慣病を引き起こしやすいと言われていますが、同様に歯周病も悪化させやすいと言われています。

●脳梗塞
歯周病菌は、お口の中のみならず血液中にも存在しています。血液中では、アテローム性プラークと言われる組織を作り、それが血栓という血の塊を作り出してしまうことがあります。血液中に遊離する血栓が脳の血管を詰まらせてしまうと、脳梗塞(脳卒中)の発症原因となることがあります。

●早産/低体重児出産
母体の血液中で歯周病菌量が多くなると、場合によっては子宮筋の収縮を促し、胎児が十分に成長していない状態にも関わらず出産をしてしまう早産の原因となることがあります。

●誤嚥(ごえん)性肺炎
口腔内にある歯周病菌が唾液に交じり、気道から肺に入ることで誤嚥性肺炎になることがあります。誤嚥性肺炎は特に高齢者に多く、そのために死亡してしまうこともしばしばある怖い病気です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください