当院の主な入れ歯メニュー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
「入れ歯は他人に気づかれやすい」という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、ノンクラスプデンチャーの最大の特徴は、目立たちにくいという点にあります。ひっかける部分に金属を用いないため、笑ったり食事したりしても光ることなく、装着していても人目につきません。

同時に、弾性と強度があるので装着していても違和感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。また、素材間につなぎ目がほとんどないため、間にゴミが溜まることが少なく衛生的なのも特徴です。その分、経年使用による摩耗や変形があるため、金属を使った入れ歯に比べて長持ちしないというデメリットもあります。

<メリット>
・装着しても目立たちにくい
・違和感が少なく使用感がいい
・壊れにくい

チタン床チタン床
チタン床の入れ歯は、顎に触れる部分にチタンという金属を用いたものです。チタンはインプラント治療でも用いられており、軽くて顎になじみやすいのが特徴です。装着したときの違和感がほとんどなく、使用感がよいと言われています。金属であるため強度が高い点もポイントです。

また、金属の中でも生体親和性の高いチタンはアレルギー反応を引き起こす可能性が低いため、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

<メリット>
・金属の中でもなじみやすいチタンを使用
・顎にぴったりとフィットし、違和感が少ない
・強度が高い

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください