当院の主な審美歯科メニュー

審美歯科で用いる素材にはいくつか種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、患者さまのご要望や口腔内環境に合わせて最適なものをご提案するようにしています。

オールセラミックオールセラミック
●より白く・美しい歯
●金属アレルギーの方も安心
●色味や形などの調整が可能

オールセラミックは、主に前歯の治療に使われます。素材にセラミック(陶材)を使用しているので、生体親和性が高く耐久性もあります。色合いは天然の歯に近く、経年による色の変化もありません。また、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられます。

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
●セラミックと比較してリーズナブル
●柔らかいため、ほかの歯との適合がよい
●白く美しい色合い

ハイブリッドセラミックは、セラミックとレジンを混ぜた材料で作られた詰め物や被せ物です。白く美しい色合いで、オールセラミックよりも安価です。

プラスチックが混じっているため柔らかさもあり、周囲との適合がよいのが特徴です。ただし、セラミックと比較すると若干透明度が落ちる点がデメリットです。長年使用すると、経年によって変色することもあります。

メタルボンドメタルボンド
●内側が金属なので強度が高い
●外側がセラミックなので見た目がきれい
●セラミックと比較すると若干色合いが劣る

金属で作られた素材の外側を、白く透明感のあるセラミックで覆った素材です。強度が高く、見た目も白く美しいため、人気がある素材です。強度が高いので破損しづらいですが、対合歯に動揺などがある場合、負担が大きくなりやすいといったデメリットがあります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください