一般歯科

「いかに治療するか」よりも「いかに治療をしなくて済むか」といった、早期発見・早期治療の考えを大切にしています。実際の治療に際しては、歯の保存を第1に考えて最小限の治療のみを行うようにしています。

一般歯科

どれほど高度な治療を施した歯であっても、持って生まれた天然歯に勝るものはありません。そのため当院では、できるだけ早期に治療を行い、最小限の侵襲で済むよう予防を基本とした歯科治療を行っております。当然のことながら「できる限り歯を抜かない、歯を残す治療」を行うよう心がけています。

歯をできるだけ削らない【MI治療】MI治療
「ミニマルインターベンション=MI治療」をご存知でしょうか。Minimal Intervention(最小限の侵襲)とは、歯をなるべく削らず可能な限り健康な歯を残し、最小限の侵襲で治療を行う方法を言います。当院では、むし歯の部分のみを正確に削り、患者さまのダメージを最小限にとどめるMI治療を標準的に行っています。

一度削られた歯牙組織は、二度と再生できません。また、神経を除去した歯は、そうでない歯に比べると歯質が弱くなってしまいます。当院では、過度な治療は避け、むし歯に侵された部分のみを慎重に削り取ることを心がけています。可能な限り歯牙組織や神経を残すことで、歯そのものの寿命を延ばすことができると考えるからです。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください