むし歯の進行と治療法

CO(シーオー:ごく初期のむし歯)CO
ごく初期のむし歯です。穴があいたり黒くなったりしている状態ではありませんが、歯質が溶け出している状態です。この状態であれば、フッ素入りの歯磨き剤を用いて歯磨きをしっかり行うことで、削ることなく歯質を強くし、進行を抑えることが可能です。

C1(エナメル質う蝕)C1
初期のむし歯です。歯の表面に存在するエナメル質がう蝕され、小さな穴があいた状態です。う蝕はエナメル質のみにとどまり、象牙質まで進行していないため痛みはありません。そのため、気づかずに放置しているとどんどん進行してしまいます。

定期検診等で見つけることができれば、わずかに歯を削り、保険適用内の白い詰め物をする治療で済みます。

C2(象牙質う蝕)C2
C1の時点で放置すると、う蝕がさらに進みエナメル質のみならずその下の象牙質まで溶け出してしまいます。そのため、甘いものや冷たいものを食べた際にキーンと染みることがあります。

範囲が小さい場合は、C1と同様の治療で済むこともありますが、う蝕が内部で大きく広がっている場合は歯を大きく削る必要があります。その場合は、削ったのちに型を取り詰め物をすることになります。詰め物の種類はさまざまあり、その方に最も適した素材が用いられます。

C3(神経まで達したう蝕)C3
う蝕がさらに進行すると、エナメル質・象牙質を超えてその奥にある神経まで損傷が進みます。神経に直接損傷が及ぶので、しばしば激しい痛みを感じます。そのまま放置すると神経が死んでしまい、細菌が神経の根の外で炎症を引き起こし、場合によっては膿が出たり歯肉が強く腫れたりすることもあります。

C3のむし歯になると神経を取り除く「根管治療」が必要になることが多く、その場合は麻酔をしてから神経の根の部分と病巣を取り除きます。一般的に、神経を抜いてしまうとその歯は弱くなると言われています。

C4(残根状態)C4
歯牙そのものがほとんど崩壊し、かろうじてわずかな根だけが残っている状態です。C3と同様に治療可能なこともありますが、根管が割れていたり、それを支える歯槽骨自体が減ったりしている場合は抜歯しなくてはならないこともしばしばです。この場合の治療は難易度が高く、また患者さまにとっての負担も大きくなります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください