予防処置

予防処置「予防に勝る治療はありません」。現代の歯科医療では、一度治療を行った歯を完全に元の状態に戻すことは不可能です。予防を行い、むし歯にならないことが何よりも大切です。当院では、フッ素塗布やシーラントといった予防処置を積極的に行っています。

フッ素塗布
フッ素塗布は、痛みや刺激もなく簡単に行える上、歯質が強くなりむし歯予防効果の高い方法です。お子さまが中心ですが、あらゆる世代の方にお勧めです。特に「むし歯になる前に予防を行いたい」「いつまでも自分の歯で噛みたい」と考える方にお勧めの方法です。歯のクリーニングと併せて定期的に行うことで、相乗効果が得られます。

●フッ素とは
フッ素には、むし歯を予防したり歯の石灰化を促したりといった働きがあります。また、細菌の活動を抑制させる働きもあるため、むし歯のみならず歯周病予防としても効果的な方法として近年注目を浴びています。痛みや侵襲がまったくなく、手軽に行える点も魅力の1つです。

子どもの歯にはシーラントをシーラント
当院では、子どものむし歯予防の1つとしてシーラント治療を行っています。シーラントとは、奥歯の溝などの最もむし歯になりやすい部分に、プラスチックの樹脂できた素材を埋めこむことによって将来のむし歯を予防する方法です。

なぜこのようなことをするのでしょうか。それは、生えたばかりの子どもの歯はカルシウムが少なく大人の歯と異なるため、表面が未成熟で弱く、むし歯になりやすい状態にあるからです。そのため、歯が成長して歯質が強くなるまでこういった処置を行う必要があるのです。

シーラントは、痛みなく行うことができます。シーラントを行う歯の溝をきれいにしたあと、そこにプラスチックの樹脂を貼り付けるだけで完了します。歯を削る必要もありませんし、1回の通院で済むため時間もかかりません。歯科医院が苦手というお子さまでも、比較的簡単に受けてもらうことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください