根管治療

根管治療当院では「できるだけ神経を抜きたくない」という患者さまの思いに最大限お応えします。万一根管治療が必要となってしまった場合でも、レーザーを用いた細やかな殺菌処理を行い、わずかな病巣も残さないようにします。

むし歯がエナメル質を超え、象牙質と神経層まで到達すると「抜髄(ばつずい)」という神経を抜いてしまう処理が必要となることがあります。

神経を処理した歯は弱くなってしまうため、当院ではできるだけ歯髄(歯の神経)を保護するように心がけています。万一処理が避けられない状態になっても、再発を防止するため、CO2レーザー等を使ってできる限り完全な殺菌処理に努めます。

根管治療とは根管治療
C0からC2といった初期のむし歯であれば、神経を処理することなく歯質を削って詰め物をすることで治療が完了します。しかし、むし歯が神経まで達し、炎症などを引き起こしてしまった場合には、神経そのものを除去して神経の納まっている根管という部分をきれいに殺菌しなくてはなりません。そのために必要となる処置が根管治療です。

歯肉が腫れていたり痛みが強かったりする場合であっても、必ずしも神経を処理する必要があるわけではありません。初診時に綿密な検査を行った上で、進行がひどく、ほかに治療方法がない場合に限り根管治療を行います。いずれにしても、しっかりとインフォームドコンセントを行った状態で治療に進みますのでご安心ください。

治療の手順や通院期間は、むし歯の進行状態などによって異なります。当然ながら、治療に際しては丁寧に麻酔を行った上で開始するため、治療中に痛みを感じることはほとんどありません。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください