院長あいさつ

院長あいさつ

初めまして。山形県天童市で開業している「とがし歯科医院」院長の冨樫雅比古です。
当院のホームページへご訪問いただき、誠にありがとうございます。

早いもので、私がこの地で開院しておおよそ30年が経ちます。開院以来変わらない私のスタンスは「患者さまと末永いお付き合いを」の一言につきます。地域医療に根差した歯科治療を、これからも提供していきたいと切に願っております。

高校時代からの夢を実現。やっぱりこの仕事が天職

院長あいさつ私は、当院があるここ天童市よりもさらに雪深い地域で生まれ育ちました。歯科医師を目指すようになったのは、子ども時代に通っていた歯科医院の先生との出会いがきっかけでした。

治療のために通っていたのですが、子どもの私にも丁寧に接してくれ「何て優しい先生なんだろう」と思い、子ども心に憧れを抱いたのが始まりでした。私自身手先が器用だったこともあり、高校へ進学する頃には「歯科医師になりたい」と強く思うようになっていました。

夢中で知識を吸収した勤務医時代

院長あいさつ神奈川歯科大学に進学した当初は、見るものすべてが新しく新鮮でした。補綴物(詰め物・被せ物)を作ったり、患者さまと会話をしたりといった実習がとても楽しく、私はまるで水を得た魚のように知識を吸収していきました。

その当時から、自分1人で患者さまに責任を負い、すべての治療を行う開業医になりたいと漠然と考えていました。そのため大学卒業後は、将来の開業を見据え、2か所の開業医で勤務医として研鑽を重ねることにしました。

最初の医院では、実践よりも理論を中心に教えていただきました。すべての症例に手を付つけるのではなく、行うべき症例とそうではない症例をしっかりと見極めることが最終的に患者さまのためになるということを学びました。

次の医院は、まったく違う方針でした。治療方針や理論については何も言わず、基本的にこちらに任せるというスタンスの院長であったため、必死になって勉強しました。その結果、自分なりのやり方を模索・開拓することができました。

まったく違うスタンスの2人の先生に教えていただいたおかげで、理論・実践両面からバランスよく成長ができたと思っています。また、自分なりに考えることの大切さも学びました。

私の診療スタンスと当院のあり方

院長あいさつ私は、せっかくご縁があって患者さまに来ていただいたのですから、できる限り良質な治療を提供し、最後の最後まで患者さまの主治医でありたいと願っています。

特に今、力を入れているのがホワイトニング、審美歯科、口臭治療です。力を入れるようになったきっかけは、昔のように「痛くなければ良い」、「食べられるようになれば良い」というだけではなく、見た目やにおいなどで悩まれる患者さまが非常に増えていると実感したからです。

例えば、接客の仕事や就職活動などでも、笑顔は非常に重要な要素です。歯の見た目や口臭のにおいなどを気にされていると、自信を持った笑顔ができません。こうした患者さまの力になれればと思い、ホワイトニングや口臭治療に積極的に力を入れるようになりました。

これからも天童市の皆様のお口の健康のみならず、笑顔のある生活をお手伝いできる歯科医院を目指してまいります。天童市の歯医者でどこに行こうか悩まれている患者さまは、ぜひ、一度天童市のとがし歯科医院へご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください