ドライマウス治療(口腔乾燥症)

加齢と共に「口が渇く」「舌が張り付いて話しにくい」「口臭が気になる」といった症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?「年だから仕方ない」と諦めずご相談ください。

ドライマウス治療

加齢などが原因で、唾液の分泌が低下して口腔内が乾いてしまうような状態を「ドライマウス(口腔乾燥症)」と言います。成人の平均的な唾液分泌量は、1日につき約1~1.5リットルです。唾液が分泌されることで、咀しゃく時に食べ物がスムーズに消化器官へと流れていくのです。また唾液には抗菌作用があるため、お口の雑菌の繁殖を防ぐ働きがあります。

唾液量が減少すると、お口の中の粘つきや痛みを感じることがあります。進行するとむし歯や歯周病になりやすくなり、それに伴い口臭も強くなります。

さらに進行すると、舌表面が乾いた地面のようにひび割れてしまうことがあります。当然痛みは強く、そのために食事困難や会話しづらいなどの障害も現れます。唾液が減少するだけで、お口にまつわるさまざまなつらい症状が日常的に現れるようになります。

当院の口腔乾燥症治療

口腔乾燥症治療ドライマウス(口腔乾燥症)に関しても、当院では口臭治療同様「ほんだ式口臭治療」の考え方をベースに治療を行っています。唾液検査やお口のクリーニングを実施し、お口の中に潤いをもたらす保湿性薬剤や保湿力の高い洗口液・保湿ジェルなどを処方します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください