訪問診療

「体が不自由で歯科医院に通えないから......」と諦めていませんか。当院の訪問診療は、治療水準を落とすことなく、来院されたときの治療と遜色のない医療の提供を行っています。

訪問診療

訪問診療と聞くと、場所が限られていたり器具がポータブルになったりすることから、来院での診療よりも治療水準が低いと思われている方も多いようです。しかし、当院の訪問診療では、基本的には医院内で行っている治療のすべてを行えるようにしています。

基本的には当院の患者さまを対象としていますが、場合によっては初診の方でも対応が可能です。個別のケースによって詳細が異なりますので、ご希望の方はまず一度お問い合わせください。

訪問診療とは

訪問診療「家族が寝たきりで歯医者に連れて行けない」「これまで通っていたが、事故や障害等で通えなくなってしまった」などの問題を抱えている人を対象に、私たちが患者さまのお宅まで伺って治療を行う方法です。独歩や車椅子では医院に通えない方が対象です。

ケースによって異なりますが、健康保険制度や介護保険制度を利用することができるので、費用などの心配もありません。

訪問診療は来院での診療と違い、住み慣れた環境の中で治療を受けることができるため、患者さまのみならずご家族も安心できます。また、わざわざ来院する必要がないので、介護者の負担も大幅に軽減できます。

<メリット>
・介護者の方の負担も減る
・誤嚥性肺炎を予防できる
・咀嚼機能が向上する
・来院できないために治療を諦めていた人も受けられる
・患者さまもリラックスして治療が受けられる

<診療内容>
・入れ歯の製作、調整
・むし歯治療、歯周病ケア
・歯石除去
・ブラッシング、口腔ケア
・レントゲン撮影  など

訪問診療による誤嚥性肺炎予防

訪問診療医院まで通えない方は寝たきりやそれに近い状態であることが多く、健康な人と比べて口腔ケアが満足に行えていない傾向にあります。寝たきりの方の場合は「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」といって、お口の中に棲みついた細菌が誤って唾液や胃液と共に肺に流れ込むことで生じる肺炎に罹るリスクが高まり、深刻な状態に陥ることもしばしばあります。

口腔内環境が悪化しやすい寝たきりの高齢者の方にとって非常に身近な疾患であり、定期的な口腔ケアを行うだけで誤嚥性肺炎の発症率が半減すると言われています。訪問診療を積極的に活用いただくことで口腔内環境が改善し、誤嚥性肺炎のリスクを減らすことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください