歯周病治療

非侵襲的、かつ長期的な計画に基づいた歯周病治療行います。その場しのぎの治療でなく、根本的な解決を目指し、よりよい口腔内環境づくりに尽力します。

歯周病治療

歯周病の原因はさまざまですが、食生活や生活習慣、歯磨きのクセといった日常生活に原因があることもしばしばです。その原因が改善されないまま高度な外科治療を行っても、得られる効果は高くありません。当院では、基本的な治療を徹底して行うことで、根本的な口腔内環境の改善を目指します。

歯周病とは歯周病とは
歯周病は、歯を支える骨や歯肉の病気です。歯周病になると、歯の土台である歯槽骨(しそうこつ)が徐々に溶けていきます。進行すると、土台となる骨が薄くなって歯を支えきれなくなってしまい、歯そのものを失ってしまうこともあります。

家屋に例えるとわかりやすいですしょう。家そのものに悪いところがなくても、家を支える屋台骨や土に問題があると、上物である家そのものも倒れてしまいます。この状態が歯周病です。

厚労省の報告によれば、現在日本の成人の約7割以上が歯周病に罹患しているそうです。むし歯と同じく歯周病も初期の自覚症状は薄いため、知らぬ間に進行してしまい、場合によっては歯を失う原因にもなりえます。実際、多くの人は進行するまで歯周病に気づかないとも言われています。また近年、歯周病と全身疾患の関わりも指摘され始めています。

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患●糖尿病
インスリンというホルモンの分泌異常に伴い、血糖値が高くなってしまうために全身に悪影響を及ぼします。放っておくと、動脈硬化や神経障害といったさまざまな合併症を引き起こす病気です。糖尿病になると、歯周病にかかる割合がそうでない人よりも高くなります。

●肥満
肥満の人は糖尿病や高血圧といった生活習慣病を引き起こしやすいと言われていますが、同様に歯周病も悪化させやすいと言われています。

●脳梗塞
歯周病菌は、お口の中のみならず血液中にも存在しています。血液中では、アテローム性プラークと言われる組織を作り、それが血栓という血の塊を作り出してしまうことがあります。血液中に遊離する血栓が脳の血管を詰まらせてしまうと、脳梗塞(脳卒中)の発症原因となることがあります。

●早産/低体重児出産
母体の血液中で歯周病菌量が多くなると、場合によっては子宮筋の収縮を促し、胎児が十分に成長していない状態にも関わらず出産をしてしまう早産の原因となることがあります。

●誤嚥(ごえん)性肺炎
口腔内にある歯周病菌が唾液に交じり、気道から肺に入ることで誤嚥性肺炎になることがあります。誤嚥性肺炎は特に高齢者に多く、そのために死亡してしまうこともしばしばある怖い病気です。

歯周病の進行

健康な歯周組織は歯肉が薄いピンク色で引き締まっており、腫れや変色がまったくない状態です。歯周病は進行状態によって治療が異なります。症状に応じた治療方法は以下のとおりです。

歯肉炎歯周病の進行
歯と歯肉の間に食べ物や口内細菌のカスからなる歯垢(プラーク)が溜まり、歯肉に炎症が起きている状態です。炎症で歯周ポケットと言われる溝が歯と歯肉の間にできてしまい、容易にカスが溜まりやすい状態となっています。その下にある歯槽骨にはまだ影響がない状態です。

【治療】
初期の段階であるため、治療は比較的簡単です。定期的な健診を行い、家庭での歯磨きを丁寧に行うことを中心に、歯科衛生士からの指導を受けます。歯石がついているとポケットができやすいため、歯石除去を行うこともあります。また、PMTCと呼ばれる専門的なクリーニングも効果的です。

軽度歯周病歯周病の進行
いわゆる「歯周病」の状態です。歯周ポケットの深さは3~4mm程度となり、いっそうプラークが溜まりやすくなった状態です。歯肉が赤みを帯びた感じになりますが、さほど腫れはありません。痛みもありませんが、その下では歯槽骨が徐々に溶け出している状態です。

【治療】
歯磨きを徹底して行うようにします。歯石がある場合は完全に除去し、歯肉の炎症を抑えます。またPMTCを定期的に行い、場合によってはSRPという治療を行うこともあります。

●SRP治療について
SRP治療とは、(スケーリング&ルートプレーニング)という治療法で、ポケット内にこびりついている歯石を除去する方法です。歯周ポケットの奥深くに入り込んだ縁下歯石と呼ばれる歯石を、専用の器具で除去していきます。縁下歯石が原因となって引き起こされていた歯周病や炎症の場合は、これで改善することが見込まれます。

中等度歯肉病歯周病の進行
炎症がさらに進行し、歯周ポケットは4~6㎜となった状態です。歯槽骨の吸収も進行しており、歯を指で押すとわずかに揺れる状態(動揺)が見られます。歯肉の腫れや出血も明らかとなってくるため、目で見てもわかる状態です。また、口臭が出る場合もあります。

【治療】
ブラッシングやPMTC、歯石除去といった基本的な治療をしっかりと行います。痛みが出ることもあるため、治療の際には麻酔を用いることもあります。噛み合わせによっては動揺が強く出て歯周病の進行が早まることもあるため、噛み合わせの調整を行うこともあります。

重度歯肉病歯周病の進行
歯肉が化膿して、真っ赤に腫れた状態です。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置で対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

【治療】
重度の場合、保存的療法では効果がない場合もあります。そういった場合、患者さまが希望するのであれば、外科的治療を行う専門の医師や医院にご紹介することも可能です。そこまで望まないという方に対しては、できる限りの治療を行います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください