一般歯科

「いかに治療するか」よりも「いかに治療をしなくて済むか」といった、早期発見・早期治療の考えを大切にしています。実際の治療に際しては、歯の保存を第1に考えて最小限の治療のみを行うようにしています。

一般歯科

どれほど高度な治療を施した歯であっても、持って生まれた天然歯に勝るものはありません。そのため当院では、できるだけ早期に治療を行い、最小限の侵襲で済むよう予防を基本とした歯科治療を行っております。当然のことながら「できる限り歯を抜かない、歯を残す治療」を行うよう心がけています。

歯をできるだけ削らない【MI治療】MI治療
「ミニマルインターベンション=MI治療」をご存知でしょうか。Minimal Intervention(最小限の侵襲)とは、歯をなるべく削らず可能な限り健康な歯を残し、最小限の侵襲で治療を行う方法を言います。当院では、むし歯の部分のみを正確に削り、患者さまのダメージを最小限にとどめるMI治療を標準的に行っています。

一度削られた歯牙組織は、二度と再生できません。また、神経を除去した歯は、そうでない歯に比べると歯質が弱くなってしまいます。当院では、過度な治療は避け、むし歯に侵された部分のみを慎重に削り取ることを心がけています。可能な限り歯牙組織や神経を残すことで、歯そのものの寿命を延ばすことができると考えるからです。

むし歯の進行と治療法

CO(シーオー:ごく初期のむし歯)CO
ごく初期のむし歯です。穴があいたり黒くなったりしている状態ではありませんが、歯質が溶け出している状態です。この状態であれば、フッ素入りの歯磨き剤を用いて歯磨きをしっかり行うことで、削ることなく歯質を強くし、進行を抑えることが可能です。

C1(エナメル質う蝕)C1
初期のむし歯です。歯の表面に存在するエナメル質がう蝕され、小さな穴があいた状態です。う蝕はエナメル質のみにとどまり、象牙質まで進行していないため痛みはありません。そのため、気づかずに放置しているとどんどん進行してしまいます。

定期検診等で見つけることができれば、わずかに歯を削り、保険適用内の白い詰め物をする治療で済みます。

C2(象牙質う蝕)C2
C1の時点で放置すると、う蝕がさらに進みエナメル質のみならずその下の象牙質まで溶け出してしまいます。そのため、甘いものや冷たいものを食べた際にキーンと染みることがあります。

範囲が小さい場合は、C1と同様の治療で済むこともありますが、う蝕が内部で大きく広がっている場合は歯を大きく削る必要があります。その場合は、削ったのちに型を取り詰め物をすることになります。詰め物の種類はさまざまあり、その方に最も適した素材が用いられます。

C3(神経まで達したう蝕)C3
う蝕がさらに進行すると、エナメル質・象牙質を超えてその奥にある神経まで損傷が進みます。神経に直接損傷が及ぶので、しばしば激しい痛みを感じます。そのまま放置すると神経が死んでしまい、細菌が神経の根の外で炎症を引き起こし、場合によっては膿が出たり歯肉が強く腫れたりすることもあります。

C3のむし歯になると神経を取り除く「根管治療」が必要になることが多く、その場合は麻酔をしてから神経の根の部分と病巣を取り除きます。一般的に、神経を抜いてしまうとその歯は弱くなると言われています。

C4(残根状態)C4
歯牙そのものがほとんど崩壊し、かろうじてわずかな根だけが残っている状態です。C3と同様に治療可能なこともありますが、根管が割れていたり、それを支える歯槽骨自体が減ったりしている場合は抜歯しなくてはならないこともしばしばです。この場合の治療は難易度が高く、また患者さまにとっての負担も大きくなります。

予防処置

予防処置「予防に勝る治療はありません」。現代の歯科医療では、一度治療を行った歯を完全に元の状態に戻すことは不可能です。予防を行い、むし歯にならないことが何よりも大切です。当院では、フッ素塗布やシーラントといった予防処置を積極的に行っています。

フッ素塗布
フッ素塗布は、痛みや刺激もなく簡単に行える上、歯質が強くなりむし歯予防効果の高い方法です。お子さまが中心ですが、あらゆる世代の方にお勧めです。特に「むし歯になる前に予防を行いたい」「いつまでも自分の歯で噛みたい」と考える方にお勧めの方法です。歯のクリーニングと併せて定期的に行うことで、相乗効果が得られます。

●フッ素とは
フッ素には、むし歯を予防したり歯の石灰化を促したりといった働きがあります。また、細菌の活動を抑制させる働きもあるため、むし歯のみならず歯周病予防としても効果的な方法として近年注目を浴びています。痛みや侵襲がまったくなく、手軽に行える点も魅力の1つです。

子どもの歯にはシーラントをシーラント
当院では、子どものむし歯予防の1つとしてシーラント治療を行っています。シーラントとは、奥歯の溝などの最もむし歯になりやすい部分に、プラスチックの樹脂できた素材を埋めこむことによって将来のむし歯を予防する方法です。

なぜこのようなことをするのでしょうか。それは、生えたばかりの子どもの歯はカルシウムが少なく大人の歯と異なるため、表面が未成熟で弱く、むし歯になりやすい状態にあるからです。そのため、歯が成長して歯質が強くなるまでこういった処置を行う必要があるのです。

シーラントは、痛みなく行うことができます。シーラントを行う歯の溝をきれいにしたあと、そこにプラスチックの樹脂を貼り付けるだけで完了します。歯を削る必要もありませんし、1回の通院で済むため時間もかかりません。歯科医院が苦手というお子さまでも、比較的簡単に受けてもらうことができます。

根管治療

根管治療当院では「できるだけ神経を抜きたくない」という患者さまの思いに最大限お応えします。万一根管治療が必要となってしまった場合でも、レーザーを用いた細やかな殺菌処理を行い、わずかな病巣も残さないようにします。

むし歯がエナメル質を超え、象牙質と神経層まで到達すると「抜髄(ばつずい)」という神経を抜いてしまう処理が必要となることがあります。

神経を処理した歯は弱くなってしまうため、当院ではできるだけ歯髄(歯の神経)を保護するように心がけています。万一処理が避けられない状態になっても、再発を防止するため、CO2レーザー等を使ってできる限り完全な殺菌処理に努めます。

根管治療とは根管治療
C0からC2といった初期のむし歯であれば、神経を処理することなく歯質を削って詰め物をすることで治療が完了します。しかし、むし歯が神経まで達し、炎症などを引き起こしてしまった場合には、神経そのものを除去して神経の納まっている根管という部分をきれいに殺菌しなくてはなりません。そのために必要となる処置が根管治療です。

歯肉が腫れていたり痛みが強かったりする場合であっても、必ずしも神経を処理する必要があるわけではありません。初診時に綿密な検査を行った上で、進行がひどく、ほかに治療方法がない場合に限り根管治療を行います。いずれにしても、しっかりとインフォームドコンセントを行った状態で治療に進みますのでご安心ください。

治療の手順や通院期間は、むし歯の進行状態などによって異なります。当然ながら、治療に際しては丁寧に麻酔を行った上で開始するため、治療中に痛みを感じることはほとんどありません。

根管治療の流れ

【1】まず、歯の表面にあるむし歯を除去する
次へ
【2】歯の根元にある根管部分まで器具を用いて穴をあけていく
次へ
【3】リーマーという器具を用いて、歯の根にある病巣を取り除く
次へ
【4】根管自体に薬を充填して炎症を鎮める
次へ
【5】菌が侵入しないよう根管を封鎖する
次へ
【6】歯の状態に応じ、詰め物や被せ物を行う

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください